カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

鳥取県金融広報アドバイザー等協議会での、「最新の金融トラブルの実情等についての講演

瀬古弁護士が、平成26年3月3日、鳥取県金融広報委員会主催の平成25年度鳥取県金融広報アドバイザー等協議会において、金融広報アドバイザー、金融学習グループリーダー、市町村消費者行政担当者の方々に対して、「最新の金融トラブルの実情について」近時、金融トラブルとなっている金融商品、金融機関等が説明義務違反を問われた金融商品、金融商品投資まがい取引の実情、最近の悪徳業者による勧誘方法の多様化等について、事例を交えながら講演を行いました。

今回の講演が、県内における金融商品取引被害が減ることに少しでのつながればと願うばかりです。

新年のご挨拶-2014年

あけましておめでとうございます。
瀬古、吉岡、金山の3名体制となり、3年目の年を迎えました。
目まぐるしく変化する社会情勢に迅速に対応し、それぞれの得意分野を活かして、より一層皆様にとってクオリティーの高いサービスを提供できるよう、精進して参る所存です。 本年も一層のご愛願のほどよろしくお願いいたします。

金融法務事情「中小規模裁判所における法人破産事件処理の在り方」掲載

金融法務事情(No.1982)-2013.11.25号の巻頭の特別論考として、
「中小規模裁判所における法人破産事件処理の在り方-各地の実情を踏まえた中小規模の裁判所での法人破産事件処理を中心に-」
が掲載されます。

瀬古智昭弁護士が、日弁連倒産法制等検討委員会委員として、当該論考の執筆コアメンバーとして参加しました。

論考の内容は、平成24年度に行われた最高裁判所事務総局民事局と日弁連倒産法制等検討委員会との意見交換会の結果を踏まえて、中小規模の裁判所における法人破産事件処理の在り方について、事件処理の段階ごと(受任から申立てまで、申立てから開始決定まで、開始決定後、集会運営、産業廃棄物の処理)につき、まとめられたもので、法人破産事件に携わる弁護士(申立代理人、破産管財人等)にとって、とても有益な情報が盛り込まれた内容となっています。
是非ご参考いただければと思います。

民事・家事調停委員への就任

瀬古智昭弁護士は、平成24年10月より、鳥取家庭裁判所家事調停委員に任命され、執務してまいりましたが、平成25年10月からは、鳥取簡易裁判所民事調停委員にも任命され、民事・家事双方の調停委員として執務することとなりました。

鳥取県東部地区の皆さまの民事・家事の紛争、困りごとにつき、代理人弁護士という立場のみならず、裁判所の調停委員の立場から、その解決に少しでもお役に立てるよう努力してまいりたいと思います。

中小企業庁の経営革新等支援機関に認定

平成25年7月10日付で瀬古智昭弁護士が中小企業庁より経営革新等支援機関に認定されました。

中小企業の経営状況の分析、経営革新等に向けた事業計画の策定支援・実行支援等において、お役に立てるよう努めてまいります。

「倒産処理と弁護士倫理―破産・再生事件における倫理の遵守と弁護過誤の防止」刊行

瀬古弁護士が所属する日弁連倒産法制等検討委員会より、今般、『倒産処理と弁護士倫理―破産・再生事件における倫理の遵守と弁護過誤の防止―』(金融財政事情研究会)が刊行されました。

瀬古弁護士も、第2章「破産管財」 「Q5 資産換価に際しての留意事項一般」部分を担当執筆しております。

倒産事件の処理において「思わぬ落とし穴」を避けるために、
◆破産・再生事件における弁護士倫理の基本的視座をQ&A方式で解説
◆重層的な利益相反関係の分析、弁護士報酬、依頼者への説明義務などの論点を多数収録されており、倒産事件に関わる弁護士必携の1冊となっております。

是非、参考にしていただければと存じます。

平成25年度くらしの経済・法律講座(鳥取短期大学 鳥取県倉吉市)

鳥取短期大学において、鳥取あおぞら法律事務所の弁護士が、以下のようなテーマで一般県民と学生の方々に向けた講義を行います。興味のある方はご参加いただければと存じます。

日時:平成25年5月14日 午後1時~2時30分
場所:鳥取短期大学(倉吉市福庭854)
内容:「働くときに気をつけたい法律の問題」
   (鳥取あおぞら法律事務所 金山耕平弁護士)

平成25年度くらしの経済・法律講座(鳥取大学 鳥取キャンパス)

鳥取大学において、鳥取あおぞら法律事務所の弁護士が、以下のようなテーマで一般県民と学生の方々に向けた講義を行います。興味のある方はご参加いただければと存じます。

日時:平成25年7月1日 午後1時~2時30分
場所:鳥取大学鳥取キャンパス共通教育棟2階
   (鳥取市湖山町南4丁目101)
内容:「働くときに気をつけたい法律の問題」
(鳥取あおぞら法律事務所 金山耕平弁護士)

鳥取地区調停協会研修会

平成25年1月30日(水)

鳥取地区民事・家事調停委員の方々の鳥取地区調停協会研修会において、瀬古智昭弁護士が「弁護士から見た調停」をテーマに講演・意見交換を行いました。

瀬古弁護士は、昨年の10月から鳥取家庭裁判所の家事調停委員に任命されており、代理人弁護士、調停委員の双方の立場から見た調停事情や、様々な事案への対応、関与のあり方等について、参加された調停委員の方々と活発な意見交換を行いながら講演を行いました。